非嘔吐過食は甘え…?

吐かないから、病気じゃない。

ただの甘えだ。

恥ずかしくて誰にも相談できない。

 

そんな方のための、

非嘔吐過食専門のお茶会です。

 

いつ、どこでやっているの?

月1ペースで開催します。

スケジュールはこちらのホームページ、

またはInstagramブログでお知らせします。

 

場所は大阪市阿倍野区。

阪堺電気軌道・上町線、姫松駅すぐ(天王寺から電車で10分)

詳細はご連絡頂いた方に個別でお伝えいたします。

 

参加費は無料。(ご自身の飲食代のみご負担ください)

 

2019年より、 ご都合が合わない方を対象に

個別お茶会も開催スタート。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

参加希望のご連絡・その他お茶会に関するお問い合わせはこちらまで。

 

※細かなニュアンスが伝わりにくい。

対面でのコミュニケーションが、克服の一番の助けになると考えている。などの理由から、

メールによる症状などについてのご相談はお受けしておりません。ご了承ください。

 

 

どんな人が参加できるの?


非嘔吐過食でお悩みの方。

それに伴う、うつ症状や肌荒れなど…

心身の不調を抱えておられる方。

 

どんなことを話すの?

毎回テーマは決めていませんので、自由にお話して頂ければ大丈夫です。

(仕事・学校・恋愛・家族・生い立ち・最近あったこと・今の気持ちなど…なんでもOK)

話すことを強要したりもしませんので、その場で他の方のお話を聴くだけでも結構です。

 

ただ、過食症状をお持ちの場合、

自分の想いを口にすることが苦手な方が

非常に多いです。

 

話すことが克服に向けての

第一歩となるかもしれません。

 

少しずつでも自己開示していけるように頑張ってみましょう(*^^*)

どんな人が主催しているの?

佐藤千佳|ライフスタイルナビゲーター

1986年生まれ・兵庫県出身・大阪在住

 

社会人2年目の頃に人間関係のストレスから、うつ病・非嘔吐過食・

ストレスによる酷い肌荒れを経験。

克服するために、心理学・瞑想・食事法・再生美容・エネルギーワークなど

様々なことを学びました。

 

ですが、結局のところ何を学んでも最終的に行き着くのは

【自分と向き合うこと】でした。

自分と向き合って、嫌な部分から目をそらさずに受け入れること。

それを少しずつ行うようにしました。

 

 

現在は、

●心理カウンセリング

●脳の疲れを取るヘッドセラピー(アクセスバーズ®)

●食事・生活アドバイス

●再生美容スキンケア

 

を組み合わせて

女性が100%幸せでいられる

【本当の自分】へとナビゲートする、

ライフスタイルナビゲーターとして

活動しています。

 

なぜこの活動をしているのか?

それは自分自身が苦しみ、

そこから本当の自分を見つけた経験があるからです。

 

本当の自分。

 

私にとってそれは

とても穏やかで、

優しく、

愛に溢れていて。

自由で、

楽しくて、

美しく、

健康で、

幸せ。

 

自分の中に

こんな自分が眠っていたのか…

そう思います。

 

愛、優しさ、美しさ。

口にするのもおこがましい。

 そうやって「ない」ことにしていた私。

 

でも、やっぱり「ある」のです。

私だけではありません。

人それぞれ、皆さんに「ある」

 

最初に

自分自身が「ある」と決める。認める。

だからこそ溢れてくる。

「ある」という事実が

次々とやってくる。

 

そのことを長い時間をかけて

学ばせて頂きました。

 

 

辛くて何度も泣いた10年間。

 

強がって、

人につらく当たって、

ある時は怯えて。

 

誰にも心を開けなくて、

悲しくて、

でも誰かに助けてほしくて、

どうしたらいいのか分からなくて、

仕事にも行けなくなって。

 

死にたくなる日もあった。

でも、怖くてできなかった。

本当は死にたかった訳じゃなかった。

只々、寂しくて、悲しくて。

誰かに認めてもらえないと

生きていけなかった。

頑張って、頑張って、頑張って。

何度も折れて、

また自分を否定して。

 

そんな10年間でした。

 

 

それがこんなにも幸せな

自分に気付けたのだから

この苦しみ、経験は財産でしかありません。

無駄なことはひとつもありませんでした。

 

 

もし今あなたが、どんなに苦しくても。

自分と向き合う覚悟さえあれば

きっと変われます。

 

他の誰かではなく、

本当の自分へと。

 

私はいつだって

あなたの中の輝きや夢や希望を見ています。

一緒に、眠っている部分に

光を当てていきましょう。

 

お逢いできる日を楽しみにしています。